人気ブログランキング |

規約

第1章 総則

(名称)
第1条 本会は小田原やんべぇ倶楽部(以下、本会)と称する。

(所在地)
第2条 本会は主たる活動の場を、小田原市本町3-6-23小田原宿なりわい交流館(以下なりわい交流館)とし、また、事務所は事務局長宅に置く。

(目的)
第3条 本会は、「なりわい交流館」におけるなりわい交流の理解と促進を図り、小田原らしいまちづくりを推進するために、なりわい交流館運営委員会と協調しながら、市民による自主的な活動を行うことを目的とする。

(活動事業)
第4条 本会は、前条の目的を達成するために次の活動事業を行う。
(1)「なりわい交流館」におけるなりわい交流活動の企画及び運営。
(2)なりわい交流に関する情報の収集と発信。
(3)なりわい交流活動の調査研究。
(4)なりわい交流に関する諸団体(自冶体、企業、市民活動等)との連絡と交流。
(5)小田原の自然、歴史、文化等、その資産を内外に周知する活動。
(6)小田原のまちづくりに関する研究会、講演会、ワークショップ等のほか、必要に応じた研修視察等。
(7)小田原のまちづくりに関する研究・実践活動の向上を目指すための、公共団体等と連携及び協力。
(8)前各号のほか、本会の目的を達成するために必要な活動。

第2章 会員及び役員

(会員)
第5条 本会の会員は次のとおりとする。
(1)正会員は本会の趣旨に賛同して入会し、この会の活動を推進する個人で、総会における議決権を有する者とする。
(2)賛助会員は本会の趣旨に賛同し、この会を賛助・後援する個人、法人及び団体で、本会における議決権を有しない者とする。
なお本規約に定める以外の会員に関する規定は理事会で別に定める。

(入会)
第6条 本会に入会を希望する者は、入会申込書を会長に提出し、理事会の承認を得たうえで入会することができるとし、理事会は、正当な理由がない限り入会を認めなけならない。なお理事会は申込者の入会を認めないときは、速やかに書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。

(退会)
第7条 本会からの退会を希望する者は、理由を付して退会届を会長に提出して、任意に退会することができる。

(除名)
第8条 本会の会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、理事会の議決によりこれを除名することができる。その場合、その会員に対し、議決に前に弁明の機会を与えなければならない。
(1)本会規約等に違反したとき。
(2)本会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。

(会員資格の喪失)
第9条 本会会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
(1)退会届の提出をしたとき。
(2)本人が死亡し、又は会員である団体が消滅したとき。
(3)継続して1年以上会費を滞納し、かつ、催促に応じないとき。
(4)除名されたとき。

(会費)
第10条 会員は入会金及び会費を納入しなければならない。
(1)正会員の入会金は3,000円とする。
(2)正会員の会費は毎年四月よりとし、年額3,600円を年度始めに収めるものとする。ただし、四月以降入会者の会費は、残りの月割りで収めるものとする。
(3)賛助会員の会費は年額一口5,000円とし、特に上限は定めない。ただし学生(学校法人に学籍を有する者)は年額一口1,000円とし、特に上限は定めない。

(会費等の不返還)
第11条 会員が既に納入した入会金及び会費はこれを一切返還しない。

(役員)
第12条 本会に次の役員を置く。
(1)会長 1名。
(2)副会長 2名。
(3)理事 若干名。
(4)監査 1名。

(役員の選出)
第13条 役員は総会において選出する。なお会長及び副会長は理事の互選とする。

(役員の職務)
第14条 本会の役員は次の職務に就く。
(1)会長は本会を代表し会務を総理するとともに、総会及び理事会の議長を務める。
(2)副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代理する。
(3)理事は理事会を構成し、本会規約の定め及び理事会の議決に基づき、本会の業務を執行する。
(4)監査は本会の会計を監査する。

(役員の任期)
第15条 本会の役員は以下に定める任期に従う。
(1)役員の任期は2年とする。ただし再任は妨げない。
(2)役員は、任期満了後においても後継者の就任するまでその職務を行う。
(3)補欠等によって就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(顧問)
第16条 本会は以下の定めに従い顧問を置く。
(1)本会には、顧問を置くことができる。
(2)顧問は、会長が理事会に諮り、承認を得たうえで委嘱する。
(3)顧問の任期は、役員の任期の規定を準用する。

第3章 会議

(会議の種類)
第17条 本会の会議は、総会、理事会のほか、専門部会とする。

(総会)
第18条 総会は、年一回開催することとし、その他、会長が必要と認め、理事会の承認を得て臨時に開催  
することができる。また、総会は正会員をもって構成する。

(理事会)
第19条 理事会は、会長が必要と認めた場合に開催する。

(専門部会)
第20条 専門部会は、会長が必要と認め、理事会の承認を得て設置し、必要に応じて開催する。

(定足数)
第21条 総会及び理事会の定足数は、二分の一以上とする。

(議決)
第22条 本会における会議の議決は、出席者の過半数の同意をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

第4章 事務局

(事務局の設置等)
第23条 本会の事務を処理するため、事務局を設置することができる。
(1)事務局には、事務局長及び所要の職員を置く。
(2)事務局長及び職員は、会長が任免する。
(3)理事は、事務局長もしくは職員を兼職することができる。
(4)事務局の組織及び運営に関し必要な事項は、理事会において定める。

第5章 解散

(解散)
第24条 本会は、総会の決議(正会員総数の三分の二以上の承認)により解散する。

(残余財産の帰属)
第25条 本会が解散したときに残存する財産は、解散の総会で定めるものに譲渡する。

第6章 規約の改廃
    
(規約の改廃)
第26条 本会の規約改正および廃止は、理事会の承認を得て、総会にて議決する。

(附則)
1.この規約は平成十四年四月二日から施行する。会期は毎年四月からとする。

2.会の名称変更  小田原角吉倶楽部を小田原やんべぇ倶楽部に名称変更する。(平成十四年十月五日臨時総会)
by young-be | 2005-05-08 13:09 | 規約